CLUB CITTA' PRESENTS 【INTERNATIONAL PROMOTE ARTISTS & EVENTS】

☆★NEWS★☆ Message to CLUB CITTA' and Japanese Funs!


 海外アーティストより、クラブチッタと日本のファンの皆さんへ、今年2021年へのメッセージが届きましたのでご紹介させて頂きます。
   
 

 【第一弾】  

(2021/1/22更新)


   ☆★Message from【Steve Hackett (スティーヴ・ハケット)】
 <<意訳>>
 ~♪~♪ ハーイ、皆さん!スティーヴ・ハケットです。
 日本でプレイできる事をとても楽しみにしています。クラブチッタに戻り演奏するのが待ち遠しいよ!
 ファンの皆さん全員にハーイと言いたいです。ありがとうございます。

 ☆★Message from【THUNDER (サンダー)】
 <<意訳>>
 ハロー皆さん!どうしてますか。皆さんが、よいクリスマスを過ごせましたように。
 世界中の皆さんにとって、2020年はとてもストレンジな年でした。コロナ・ウィルスは大陸を横断し、かなりひどい有様で…。でも、希望は捨てないで!
 なぜなら、この状況は落ちつき終息する日が来ますから。事が起こった時には、俺たちはちょっとロッキンしましょう。
 最後まで、安全を保ち、セクシーさを保ち、そして素晴らしく(元気で)あってください。
 皆さんに早く会えますように。バーイ。バイ。バイ。バーイ。バーイ。

   ☆★Message from【Y&T (ワイ・アンド・ティー)】
 ■Dave Meniketti -デイヴ・メニケッティ-
 <<意訳>>
 ハイ!皆さん、Y&Tのデイヴ・メニケッティです。
 日本のグレイトなファンの皆さん全員に、ハーイと言いたいです。もちろん、この2021年にはステージに戻りたいと期待してます。
 私達の希望は、できるだけ早くに来日して多くの公演をしたいと思っていますが、それまではBe good, Stay safe, Y&Tの曲をかけたりしてください。
 そして、私の恐竜が後ろにいて、ハーイと言いたいみたい(笑)
 チアーズ、皆さん!See you soon!! アリガトウ。

 ■John Nymann -ジョン・ナイマン-
 <<意訳>>
 ヘーイ、Rock’n Roll, 皆さんが、2021年のために準備できてるように望みます。私自身もね。
 Y&Tのジョンです。私は、この新しい年のためにRockするのは準備万端です。一緒に、すぐに準備開始しましょうね。ニコリ。


 ■Aaron Leigh-アーロン・レイ-
 <<意訳>>
 ハロー日本の皆さん、私は、Y&Tのアーロン・レイです。ベースを弾いてます。
 皆さんのために本当に早くに、他の皆と、デイヴ、ジョン、マイク達と演奏できることを願っています。再び会うことを待ちきれません。
 日本の皆さん、ロック!We love you! A Happy New Year!!

 ■Mike Vanderhule -マイク・ヴァンダーフュール-
 <<意訳>>
 ハロー皆さん、Y&Tのマイク・ヴァンダーフュールです。私は、この新しき年に期待しています。
 皆のために、やっと再びライブできる機会が開けると思います。皆のために演奏してる時の、皆のエネルギー(情熱)が恋しいです。
 皆も実際に私達に(ライブで)会いたいかと思います。皆さん、Stay positive, Stay safe, この状況を乗り切りましょう。
 See you soon!

   ☆★Message from【Chuck Billy (チャック・ビリー)/TESTAMENT】
 <<意訳>>
 ヘーイ、皆さん、お元気ですか。Testamentのチャック・ビリーです。
 2020年はもう終わり、それは私達全員にとって地獄のようでした。
 家に留まらなくてはならず、検疫され、生活は変わり、生きたミュージックを届けるというビジネスは延期されました。
 そのため、私達と世界にとってのミュージックを届けられませんでした。日本のファンの皆さんへ(届けたかったのに)。

 クラブチッタで、私達はもう何年もスラッシュ・ドミネーションに出演しています。これからももっと出演したいと考えています。
 (が今は)私達は、この時期をどうにかして乗り切らなければなりません。
 皆さん、2021年は前向きであってください。本当に皆さんをロックできるように望んでます!日本でシーユースーン!


   ☆★Message from【Steve “Zetro” Souza (スティーヴ・ゼトロ・スーザ)/Exodus】
 <<意訳>>
 みんな、どうしてますか? ExodusのSteve “Zetro” Souza だ。
 皆に知らせたいことがある。日本のグレイトなファン全員に、特に東京の、特にクラブチッタで会った皆に言いたい。
 スラッシュ・ドミネーションでプレイすることが恋しい。みんなにとても会いたい。パンデミックが早めに終息する事を願っている。
 そして、俺たち全員が海外に出れるようになり、ツアーができるようになり、グレイトな日本のファン皆のために、ヘッドバンしたいぜ。
 そこにいてくれよ。踏ん張って堪えろ。俺たちは戻って来る。忘れるな。
 この夏、Exodusの新譜が7年ぶりに出る。『Persona Non Grata』がリリースされる。もう来日しない訳には行かない。
 ハッピーでいてくれ。クラブチッタ!シーユーガイズスーン!愛してるぜ!!


   ☆★Message from【Tim Christensen (ティム・クリステンセン)/DIZZY MIZZ LIZZY】
 <<意訳>>
 ハロージャパン、ハロートーキョー。ハローカワサキ、ハロークラブチッタ。
 皆さんへ、ティム・クリステンセンが、デンマーク、コペンハーゲンのここリビングルームからお伝えします。
 バンドDMLをソレン、マーティン、私自身を代表して言いたいことがあります。
 ハロー、ハーイ。皆さんにとても会いたい。願わくば、できるだけ早く再び来日できるようになれればいいのですが。
 私達は、新譜『Alter Echo』(オルター・エコー)でツアーをする機会を失いましたが、早く日本へ戻りプレイしたいと願っています。
 日本のビューティフルなファン、ビューティフルな人達へ向けてプレイしたいです。
 安全にお過ごし下さい。指をクロスして*、日本へ再び早く行けるように祈ります。シーユーガイズ!

 *【fingers crossed】=“指をクロスする仕草”には[幸運を願う]という意味があります。

   ☆★Message from【Wolf Hoffmann (ウルフ・ホフマン)/ACCEPT】
 <<意訳>>
 ヘイ、みんな!ACCEPT のWolf Hoffmann だ。日本の皆さんにハローと言いたい。
 再び、12月10日、11日に来日予定で、川崎のクラブチッタで、皆のために、2 NIGHTS TO REMEMBERと銘打ったとてもスペシャルなショーをします。
 もちろん、新譜「Too Mean To Die」からも何曲かプレイします。
 皆さん、健康のままで。ヘヴィーなままで。会えるのを待ちきれません。テイク・ケア!バイ、バイ。

   ☆★Message from【Gary Holt (ゲイリー・ホルト)/Exodus】
 <<意訳>>
 ヘーイ、元気ですか? ExodusのGary Holt だ。日本のファンの皆が、この2021年をハッピーに過ごせることを祈っている。
 日本で皆に、早めに会えるように願ってる。俺達の新譜『Persona Non Grata』でツアーをする時に会おうね。良い年を。バイ、バイ。

   ☆★Message from【Jack Gibson (ジャック・ギブソン)/Exodus】
 <<意訳>>
 ヘーイ、皆さん!ExodusのJackです。
 クラブチッタに代わり、この2021年が皆さんにとってグレイトな年になることを願っていること、伝えたいです。
 願わくば、早く日本でファンの皆さんに会えますように。俺達の新譜のツアーで。良い年になりますように。
 
 ☆★Message from【Denis “Snake” Belanger (デニス・“スネイク”・ベランジェ)/Voivod】
 <<意訳>>
 ハロー、日本の皆さん!VoivodのSnakeだ。俺達は2021年を迎えてますが、何と言うか状況を見るとあまりよくありません。
 ただやがては、終息するだろう。日本の友人やファンへ、へこたれるな、強くあれ、安全に過ごせ、と伝えたい。
 俺達は一緒にプレイしたいし、世界中をツアーしたいし、特に日本へ行きたい。
 日本は、俺達が本当に愛してる国で、人々は温かいからね。
 クラブチッタは、スラッシュ・ドミネーションでは、俺達を王様のようにもてなしてくれた。
 グレイトな食事、サケ、前の来日で飲んだサケは実に美味しかった。
 皆さん、持ちこたえて。安全に健やかでいてください。今はもう単に時間の問題だと思う。
 俺達は、再びロックできるようになる。オールライト?!シーユースーン!サンキュー!!

   ☆★Message from【Daniel “Chewy” Mongrain (ダニエル・”チューウィー“・モングレイン)/Voivod】
 *日本語でメッセージをくれました!

PROMOTE ARTISTS & EVENTS ARCHIVE

  クラブチッタ主催による 過去の主な海外招聘アーティスト/プロデュース・イベント

プログレッシヴ・ロック・ジャンル

 クラブチッタは1988年のオープン以来、ロック・ジャンルを中心に約400組以上の海外アーティストの招聘公演を行なって参りました。
 中でもプログレッシヴ・ロックではクラブチッタ独自の企画で希少な公演を数多く生み出して各方面から評価を頂いております。
 ここには過去にクラブチッタで行なわれた貴重な公演の歴史が集約されています。

 主な出演アーティスト
 KANSAS / STYX / CAMEL / STEVE HACKETT / THE CRIMSON PROJEKCT / EDDIE JOBSON / UK /
 PFM / NEW TROLLS / WISHBONE ASH / BANCO / OSANNA / GOBLIN / その他多数

 *プログレッシヴ・ロック・ジャンル 【一覧は こちら

プロデュース・イベント 「THRASH DOMINATION」

 クラブチッタのフレキシブルなロック環境を生かした、日本最大級の海外勢スラッシュ・メタルの祭典。
 2004年よりコンスタントに開催を続けてチッタの定番イベントとなりました。
 毎回 全国から多くのファンが来場され、欧米で活躍する有数のアーティストが出演しています。

 主な出演アーティスト
 TESTAMENT / OVERKILL / EXODUS / KREATOR / DESTRUCTION / SODOM /
 VOIVOD / HEATHEN / DEATH ANGEL / その他

 *プロデュース・イベント「THRASH DOMINATION」【一覧は こちら